Apple Watch Series4が発表 心電図計測機能も搭載 #AppleEvent

2018年9月13日の午前2時頃から始まったAppleの新製品発表イベントにて次世代Apple Watchである、Apple Watch Series 4が発表されました。

前モデル比と比べて、ベゼルが狭くなり、画面も30%強大きく。よって、画面内に表示できる情報量が多くなったとのこと。
時代はもうラウンドタイプの時計から、スクエアタイプの時計に移行していくのが正しいのかもしれません。

Bluetoothも4.2から5.0へとバージョンアップ。

スピーカーの音量は50%大きくなり、マイクの配置も変更。また、配置変更などにより電波もキャッチ性能も向上。全体的に通話が快適になる模様。
バッテリーは18時間持続。また、着用したまま泳ぐことも可能に。


搭載プロセッサーはS4で64bitになることにより、2倍スピードアップ。
加速度センサーの進化により「転倒」が検知できるようになり、万が一のときにはそこから自動で通話を発信してくれたり。
また、新機能として心拍が低下するとアラートを表示。背面のセンサー群も大幅に強化され、なんと心電計を搭載!!

心拍アラート機能と心電計はFDA(アメリカ医療機器認証)の認可も受けているそう。アメリカ人の方々の健康への意識がスゴイ。
これらのデータは完全にプライベートです。


Apple Watch Series 4は3色展開で、ナイキ、エルメス両社とのコラボモデルも継続。
GPSモデルは399ドル(日本円:4万5800円)から。
セルラーモデルは499ドル(日本円:5万6800円)からです。
対応キャリアはdocomo, au, Softbankの3社。
また、前モデルであるApple Watch Series 3は廉価版としての位置づけになり、279ドル(日本円:3万1800円)〜と、値下げされます。
予約の受付は9月14日からで、発売は9月21日。

予約の受付は本日(9月13日)からで、発売は9月21日。
また、新しいwatchOSのリリースは9月17日となっています。