世界最高峰の「8」 #pm1116

日本を大きく動かす、そんな出来事がついに現実となった。

こんな日が来るなんて夢にも、見ていなかった。
どうせまた踊らされるだけだ、実現するはずなんかない。
毎回の移籍市場と同じだ、と。そう思っていた。

この移籍を興味がない人たちに例えるのは、簡単なようで意外と難しい。
一歩間違えると大袈裟になりすぎてしまうし、逆に控え目になって失礼にあたってしまうかもしれない…
非常に難しいところなのだが、ここは大袈裟に表現してしまう方向に舵を切って説明させてもらいたいと思う。

今回、この兵庫県のチームに加入したのは世界最高峰のリーグに所属する常に優勝争いを繰り広げるような強豪チームの「心臓」ともいえるレジェンド。
そして、現役のスペイン代表としてワールドカップに出場する。日本の兵庫県のクラブからの代表として、だ。

彼がこの兵庫のクラブに来たということ、これを他業界で(大袈裟に)表現すると、いろいろな例えが浮かんだ

  • 草野球チームに大谷翔平が加入
  • 高校の軽音楽部に野田洋次郎が入部
  • 青ヶ島でONE OK ROCKが数万人規模のフェス
  • クラスの担任が明日から小栗旬

もうなんというか、とにかくすごいこと。
明け方の本人のTwitterで「日本に向かう」といった投稿を見たときから、夢なのか現実なのか、もうわけがわからない感覚だった。

兵庫のクラブにはすでに元ドイツ代表で歴代3位のゴール数を決めている選手が所属している。
元ドイツ代表と、現スペイン代表のホットライン。
まさか、日本でこんな豪華な組み合わせが見れるなんて、今この時代に日本に生きていて本当に良かった。